童貞であるという事といっそ諦めてしまう考え方について

一般的に性交未経験者の男性の事を「童貞」いう分に呼ばれていますが、童貞なんてものは捨てれる機会があればどのような手段でも早々に捨てておくべき概念であり、成人男性において童貞という称号は人生において何の得ももたらすことはありません。

初対面の時点では相手は自分の事を童貞だという判断はつくことはまずありません。

ですが、次第に交友を重ね、相手側と恋仲になった時は当然行為をする場面が必ず存在し、男性が未経験であれば相手側に不信感を与えてしまう事もあります。

何よりお互いに成人しているのであれば当然性行為の経験がある物だと思い相手側もその前提で自分と付き合っている物だと思うので幻滅される事は間違いありません。

男性の未経験、女性であれば処女性というのは女性であれば初めてを相手の捧げられるという行為に価値がある概念です。

ですが、男性の初物は世間一般ではそれほど価値のあるものでは無く、性交の経験があればあるほどそれだけ行為にテクニックが上昇するという物ですので女性からは嫌がられることも多いです。

30代40代50代と年齢を重ねるにつれ童貞を捨てる機会も減少してしまいますし、場合によっては童貞のまま生涯を閉じてしまうという事にも繋がりかねません。

童貞を捨てるには至極単純な話「相手と性行為」をすればいいのです。

風俗といったサービスの利用も十分選択肢の内に入りますし、せっかく自身には性器があり快感を感じることができるのですから手段なんてものは関係ありません。

それでも相手側と性行為を行う機会がない人は、最終手段の考え方である「自分は童貞のままで生きていこう」という、考え方は人それぞれという自身にとって都合よく世間一般の考えをうまく捻じ曲げることも手段の一つとして有効です。

行為をできる機会があれば真っ先にすることをお勧めしますが、自身の性格といった様々な要因でそれが困難な人がいるのも事実です。

今生は一切性交をする機会がないと感じ取ってしまったのであれば、行為すること自体をあきらめることも自身の精神衛生上良いことにもなりえるのです。

童貞であることをいつまでも負い目に感じ生きていくのは、常に「童貞」という牢獄に縛られている状態とも言え健全な事ではありません。

世の中にもどうしても自分に縁の無い、もしくは実行不可能な事柄はどのような人にも存在します。童貞の人はそれが性行為だけだったという話であり、決して恥ずべきことではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です